毒エサで駆除する

シロアリ被害

シロアリの駆除方法として近年、人気を集めているのが毒エサでシロアリを駆除する「バリア工法」です。バリア工法は家の周囲に駆除剤とエサを入れた、ステーションというカップを埋め込み、これを食べてもらうことで駆除するという仕組みとなっています。シロアリが好みそうな湿気がある場所や暗い場所など、約10か所から15か所ほどにステーションを地中に埋め込み、シロアリが食べているか定期的に確認します。バリア工法は毒エサを食べたものだけでなく、そのエサを巣に持ち帰りそこにいるシロアリも駆除できるため、巣を丸ごと駆除できるのが魅力です。定期的な点検をする必要はあるものの、家の中に薬剤をまかなくても駆除できるのが、ベイト工法が人気を集めている理由の1つです。

薬剤の臭いがなく安全性が高い

駆除作業

シロアリ駆除の薬剤は人体への悪影響は少ないと言われているものの、臭いが強く駆除した後もしばらくは臭いが消えなかったというケースも少なくありません。実は薬剤の臭いが原因でご近所トラブルになるケースもあるなど、シロアリ駆除と薬剤の刺激臭はつきものという時代がありました。ですが、今は薬剤の臭いが一切しない「バリア工法」という駆除方法があるので、薬剤の刺激臭が心配という人は、こちらの駆除方法を選ぶと良いでしょう。土の中に薬剤を入れたカップを埋め込みシロアリを駆除するバリア工法なら、刺激臭が無いのはもちろん薬剤が家の中に飛散することもありません。刺激臭でご近所トラブルになることもなく、薬剤の被害もないのでバリア工法は安全なシロアリ駆除方法として注目を集めています。

お子さんやペットがいるご家庭も安心

シロアリ被害

小さなお子さんやペットがいるご家庭の場合、家に直接薬剤を散布したり柱などに注入したりするような、シロアリ駆除方法は身体への影響が心配に感じる人も多いでしょう。多くの駆除業者でも導入されている「ケミカル工法」という駆除方法の場合、シロアリのいる柱などに直接薬剤を散布したり注入する作業を行います。近年、駆除に使用されている薬剤は人やペットへの悪影響は少ないと言われているものの、床に触れる機会が多いお子さんやペットの場合、やはり薬剤の被害が心配です。薬剤の身体への影響を考えた場合、お子さんやペットのいるご家庭はできるだけ、安全性の高い方法でシロアリを駆除したいものです。家自体に直接薬剤を散布したり注入することのないベイト工法であれば、お子さんやペットへの影響もなく安心です。もし、お子さんが地中に埋め込んだステーションを掘り起こして触ってしまっても、薬剤は脱皮する昆虫にしか効かないものなので、その点もベイト工法なら心配ないでしょう。

広告募集中