HOME>トピックス>殺虫剤だけではない様々な方法で悩みを解消しよう

人に直接被害を与える

害虫と呼ばれる虫にも多くの種類がありますが、南京虫は人に直接被害を与えることで知られています。まず南京虫は吸血性の虫ですのでかまれると赤っぽい発疹、激しいかゆみが出るとされています。昼間は隠れていることが多く、夜間に寝ている間にかまれることが多いとされています。そして、かまれることによる感染症の心配もありますし、宿泊施設で発生すると経営にも大きな影響が出てしまう可能性もあります。それゆえ、南京虫駆除は早めに行う必要があります。効果的な駆除方法も知っておきましょう。

殺虫剤による対策

害虫が出た場合は、殺虫剤により駆除が行われることが多くなっていますが、南京虫駆除の場合もやはり殺虫剤は有効な方法です。南京虫に直接吹きかけて駆除することもできますし、南京虫が通りそうなところにスプレーをかけておくことも効果的です。

掃除機やスチームによる対策

薬を使わない南京虫駆除方法としては、掃除機による吸引やスチームによる駆除もあります。南京虫は家具の隙間などちょっとした隙間にも入り込みますので、掃除機は丁寧にかけます。吸い取ったゴミの中にはトコジラミがいますので、ビニール袋などに入れてしっかりと口を閉めて処分しましょう。掃除などに使うスチームもマットレスやソファに隠れた南京虫の駆除に役立ちます。

専門業者に依頼しよう

殺虫剤などの対策を行っても、南京虫は隠れることが得意なので完全な駆除は難しいものがあります。しっかりと対策するならやはり専門的な知識や技術を持つ害虫駆除業者に依頼することがおすすめです。南京虫駆除は特に難しい作業ですので、多くの実績を持つ信頼性の高い業者に依頼しましょう。

広告募集中